シングルフックチューンのシャッドラップで釣ったバス

今回は、瀬田川の浅いエリアでの釣行の様子をご紹介します。
瀬田川ではあまりない、1メートル前後の水深が広がるエリアです。

  • 天候: 曇り、微風
  • 気温: 27度前後
  • 水質: マッディ
  • 時間: 13時~15時

瀬田川のシャローエリアを選択

先日に行った釣行は、足元が護岸されたエリアで、水深が手前から深いエリアでした。
その時は特に手応えを得られず、ボウズで終了となってしまいました。

そこで、次はフィールドの種類を変えようと決断。
今日はシャローフラットエリアへ出撃しました。

瀬田川の浅瀬エリア

ウィードや沈んだ枝などが多く、岸には木が多く生えている場所もあります。
(2018年ごろに、ほとんど伐採されてしまいました……残念。)

障害物回避が抜群のシングルフックチューン

ウィード等が多くハードベイトを巻きにくいエリアなので、得意のシャッドラップ SR-5をシングルフックチューンしてきました。

ラパラ シャッドラップ SR-5 レッドヘッド

基本的にはベリーのフックの向きは反対なのですが、障害物回避を優先して、この向きに付けました。

多くのプラスチックルアーはトリプルフックからシングルフックに変更すると、バランスが変わるため、まともに泳がなくなることが多いです。
しかし、安定感抜群のラパラのバルサルアーはシングルフックでも安定して泳いでくれます。

このシャッドラップはシングルフックチューンで早巻きしても、バランスを崩しません!

またシングルフックチューンすると、多少ウィードに突っ込まさせても、ウィードが針に引っかからずに巻き続ける事ができます
さすがに所謂トロロに突っ込ませると、ラインアイに絡まってダメになりますが…。

普通ならワームのノーシンカーなどを使うのが普通だと思いますが、私はハードルアーが好きなので、できるだけハードルアーで頑張りたい。

魚の気配が薄いシャローエリア

早速釣りを開始しましたが、思ったより小バスやギルの気配がありません。
このエリアはギルなどが多いのですが…。

周囲を見ると、草刈り跡が広がっています。
岸に生えていて大量の草が最近刈られたようで、それで魚影が薄くなっているのかもしれません。

瀬田川の自然な感じの岸際

釣れる気配がないため、ランガン。頭上まで気が生い茂っているエリアで攻めます。

瀬田川の浅瀬エリアの木 オーバーハング

このような場所では、5.8ftのロッドの真価が発揮されます。
今日の釣り場は6.5ftや7ftのロッドでは振りにくく、またスピニングではラインが少し不安なエリア。
ショートロッドのハーモニクス コローナ58を選択します。

茎のしっかりした水生植物の中にシャッドラップを通し、ほぐしなが巻いてくるととヒット!

シャッドラップとスコーピオンBFSで釣ったバス

20cmちょっとの小バスでした。

釣行のまとめ

残念ながら、今回の釣行はこの一匹のみでした。
40UPのバスも目視できましたが、2匹のカップルで同じ場所をウロウロしていたので、多分スポーニング関連のバスでしょう。

それはちょっと狙いにくいので…。

最近は良型のバスをキャッチできません。なんとかビッグバスを釣るために工夫します。

  • ロッド: ツララ・ハーモニクス コローナ58
  • リール: シマノ・17スコーピオンBFS
  • ライン: シーガー・フロロリミテッド 10lb