ウェットティッシュでガイドの足の間を清掃

皆様は釣行後、ロッドやリールの清掃やメンテナンスをしているでしょうか?

海釣りの人ならば必ず水洗いをされるでしょう。
しかし、淡水のバス釣りの人は、そのまま放置している人も多いのでは?

ロッドのガイドやリールのレべルワインドには色々ゴミが付着しています。ぜひともキレイにしてあげましょう。

この記事では、私流の釣行後の清掃・メンテナンスをご紹介します。

ウェットティッシュはメンテナンスの必須アイテム

私のメンテナンス・清掃に欠かせないアイテムが、抗菌ウェットティッシュです。

抗菌・消臭 ウェットティッシュ

在庫が切れないように、家にいくつかストックしています。
これで、ロッドのグリップエンドからトップガイドまで、しっかり拭いていきます。

特にベイトロッドでは、リールシートにキャスティング時の水しぶきの汚れがたくさんつきます。
そこには細かい砂の粒子も入っているので、しっかりキレイにしておきたい。

ウェットティッシュでロッドとリールを清掃

ウェットティッシュで、ロッドのブランクス、リールシートを清掃していきます。
そしてリング内はもちろん、ガイドの足の間も拭きます。

ウェットティッシュでガイドリングを清掃

ウェットティッシュでガイドの足の間を清掃

更に定期的に、ブランクスにボナンザなどのロッドメンテナンススプレーを使って、コーティングも行っています。

リールもウェットティッシュで拭ける範囲は全て清掃します。
ベイトリールは汚れやゴミの付着がすぐ溜まりるので、私は毎回汚れをしっかり落とすように気を付けています。

ウェットティッシュでレベルワインドを清掃

2~3釣行に一度、スプールシャフトの汚れたオイルも拭き取り、シャフトやベアリングにオイルをさします。

使用したルアーの洗浄

釣りに使ったルアーをそのままボックスに放置していませんか?

フックやリングには、ウィードのカスや汚れが付着しています。
フックやリングの錆びの原因にもなるので、しっかり洗い落としておきましょう。

ルアーを洗面台で清掃

釣りから帰ったとき、石鹸で手を洗うと思いますが、栓を閉めてその時の水をため、ルアーを石鹸水に少し浸けます。
その後、水道で洗い落としながら、フックに付いたウィードカスなども完全に除去します。

最後は乾燥させますが、少しでも錆びを防ぐため、フックに残った水もしっかりティッシュで拭き取ります。

濡れたフックの隙間をティッシュで拭く

以上の方法が、いつも釣行後に行っている私の清掃・メンテナンスです。
釣りの後に汚れをしっかり落とすことで、釣具が良い状態で長持ちします。

一例として参考になれば、うれしいです。