【我流】ラパラのシャッドラップの使い方 操作方法を紹介!!

シャッドラップ、さらに言えばラパラのルアーは、ただ巻きで良く釣れるルアーです。

特にインターネット上でのラパラのバルサ製のルアーのインプレは、”ただ巻きで良く釣れます””ゆっくり巻くだけで釣れます”等のコメントが多いように思えます。

また、ラパラのルアーは泳ぎがとても安定しているので、早巻きしてもバランスを崩しません。

なので、”早巻きしてピタッと止める”ストップ&ゴー的な使い方もよくされています。

オリジナルフローターF13を使用した、芦ノ湖の”グリグリメソッド”は有名ですね。

 

私もラパラのバルサルアーで沢山の魚を釣ってきましたし、特にシャッドラップには絶対の信頼を置いています。

しかし私がシャッドラップを使用する時、ただ巻きで釣ろうと意識することは少ないです。

今回は、“私が最も釣果をだしたシャッドラップの使い方”を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シャッドラップは巻かない! ロッドアクションで操作する!

操作方法を最初に書きます。

巻き始めてある程度潜らせたら、後はロッドを引くことでシャッドラップを引いてくる。リールはラインスラッグを巻くだけ。

ラインスラッグは”張らず緩めず”の状態を保つ。張らず緩めずでラインスラッグを巻きとっている時、シャッドラップは自発的にゆらゆら尻尾を振りながらその場でゆっくり浮上する

その浮上中に、最もバスがバイトする。

 

別にスペシャルな操作は何もしていません(^-^;

最も大事な事は、“自発的にシャッドラップに尻尾を揺らせながらゆっくりその場で浮上させること”です。

ラインテンションに注意する!

その時に大事な事は、ラインスラッグのテンションです。

ラインが張った状態だと、シャッドラップは自発アクションを起こさずにまっすぐ浮上しやすいです。

ならばとラインテンションをユルユルにしても、あまり自発アクションをせずに浮上しやすいです。また水の抵抗のため、少し後方にスライドする気がします。

特に川のように流れのある場所では、特に張らず緩めずのラインテンションの維持を注意した方が良いです。

 

”張らず緩めず”で、ルアーに若干のラインテンションがあるぐらいが、シャッドラップが尻尾を振りながら浮上するアクションを引き出せます。

また、若干のラインテンションがある事によって、水の抵抗によって前後左右にスライドせずに、その場でまっすぐ上に浮上してくれます。

 

私的にはピンポイントで釣っているイメージなので、浮上中にスライドして欲しくないのです。

 

個人的には、リールの巻きだけのストップ&ゴーではラインテンションが安定させにくいので、ロッドでルアーを引っ張った後、ラインテンションに注意しながらラインスラッグを巻きとるやり方を行っています。どちらかと言えばワームの操作に似ていると思います。

また、私は流れのある川でもよく釣りするので、その時は川の流れの速さに合わせてロッド操作する方がラインテンションを一定に維持しやすいです。

 

またナイロンかフロロによって、ラインテンションのかけ方も少し違います。

フロロは重く沈んでいるので、ルアーが浮上しようとする時に若干のテンションがかかります。特にシャッドラップの浮力はあまり強くないので。だからフロロでは、ラインテンションはナイロンより緩めにしています。

 

長々と書きましたが、あくまで私の我流のやり方です(^-^;

しかし、今までバス以外にニゴイやナマズ等もたくさんシャッドラップで釣ってきましたが、その多くは今回紹介したやり方で釣ってきました。

個人的には、中層ただ巻きで釣った記憶はほとんど(全く?)ありません。

(高い安定性を利用した超高速早巻きは有りだと思います。)

 

次の投稿で、実際の現場でどのようなポイントで釣ってきたかをご紹介させていただきたいと思います。

 

バスもニゴイも、このやり方が一番釣れました(^^)

スポンサーリンク