瀬田川をディープクランクで地形調査 今年はウィードが少ない

今年の6月はあまり雨が降らない空梅雨でしたが、月末にまとまった大雨が降る日が数日続きました。

15m³/sだった瀬田川洗堰の放流量も150m³/sと開かれ、水質回復の期待が持てます。しかし代わりに夏の蒸し暑さが一気に来ましたね(^^;)

今日は気分転換と地形調査を兼ねて、瀬田川でディープクランクゲームを行いました。

  • 天候: 曇り、時々晴れ 風アリ
  • 気温: 30度前後
  • 水質: 少しマッディ
  • 時間: 12時~14時

スポンサーリンク

水質が回復した瀬田川

注目の瀬田川の水質ですが、まだ若干緑色ですが、1mちょっとの深さぐらいまでは見えるかな、というぐらいまで回復していました。

以前まではアオコも発生して少しドロリとしていましたが、今日は水がサラサラになったような感じがします(^_^)

瀬田川の岩護岸

少し無理のあるディープクランキング

今日はディープクランクを投げたい気分だったので、スコーピオンXT 1652R-2にDUOのレアリスクランク G87 20Aを結んできました。

間違いなくタックルが合っていませんが、ディープクランクに使えるロッドが無いので我慢です(^^;)

DUO レアリスクランク G87 20A

ディープクランクを頑張って投げてきたわけですが、結果を先に言うと、ボウズでした(/_;)

今年の瀬田川は、本当にウィードが少ない

しかし結果はあまり問題ではなくて、今回の釣行で感じたことは、本当に今年はウィードがとても少ない!ということです。

まあ釣りに行っている方はもちろんご存じでしょうが(^^;)

 

今日釣りをしていたエリアは、例年のこの季節であれば、シャロークランク以外はまともに巻くことができない、というぐらいにはウィードがあったような気がします。

(まだ梅雨開けなので、もう少し日数がたてば少し状況がかわるかもしれませんが・・・)

 

私的には、夏の瀬田川は1mダイバーぐらいまでしか巻けなくて、それ以上潜るクランクはウィードに当たり過ぎて使いにくい、というイメージでした。

(ストレス無く巻くならば、50cmぐらいまでという印象)

しかし今回6mダイバーであるレアリスクランク G87 20Aを使いましたが、普通に巻ききることができました。

もちろん浅いエリアや岸際ではすこしウィードが引っかかりますが、大体の場所で、ロングキャストして半分以上の距離をウィードに引っかからず巻くことができたので、本当に今年はウィードが無いなあと実感しました。

 

瀬田川などは琵琶湖のように藻刈りもそれほど無いはずなので、純粋に育ってないのでしょうか?

今年は例年と違う環境ですね。

スポンサーリンク