16アルデバランBFSのオーバーホール ネジ穴が潰れる…

先日購入、そして初使用した16アルデバランBFS XG

デビュー戦で50アップをキャッチという、良いスタートをきることができました。

「優れた巻き感度」「滑らかなエキサイティングドラグ」で、快適に釣りをすることができました。

私としては、小型プラグの巻き物リールとして、非常に使いやすい。

新品リールを一度釣行で使ったので、今回も1回使用後のオーバーホールを行います。

現状では、ハンドルを回すと若干シャリ感が感じられます。

また、XGなので少しハンドル回転が重いです。

 

16アルデバランBFSは、今までのシマノリールより少し構造が変化、そして複雑化しています

2016年の高価格モデルから少し構造が変化してきている感じがします。

その新しい構造のネジで、今回は大失敗をしてしまいました(T_T)

16アルデバランBFSのオーバーホールでやらかした大失敗をご紹介します

スポンサーリンク

ハンドル部から分解

それではまずは、ハンドルを分解。

16アルデバランBFSのハンドルとスタードラグ

 

ワッシャーの枚数が少なくなっていますね。

分解したパーツは順次パーツクリーナーへ投入していきます。

ハンドル部のナットや座金を洗浄

次は、ボディ本体のネジを外します。

しかしネジが多いです。しかも、種類・長さ・太さが違います(-_-;)

ボディ開封

16アルデバランBFSではネジ頭が平たいモノが増えています。

きちんとネジの場所がわかるようにしておきましょう

シマノの16アルデバランBFSのボディのネジ

ギア部分の外観、複雑なクラッチツメ

本体をオープン。ギアの仕組みは17スコーピオンBFSと同じですね。

しかし、クラッチツメの構造が従来のモノから変化しています。

複雑になって面倒くさそうです(ノ´Д`)

16アルデバランBFSの内部、ドライブギア

 

16アルデバランBFSのクラッチカム

 

また、従来のモノとの構造の変化として、クラッチヨーク、クラッチカムを固定するネジがスプール側についています

ついでに、本体Aシートの固定ネジも(ノ´Д`)

ボディ内側のネジ

16アルデバランBFS、ネジが多くないですか?

 

ギア組は、このような感じです。

16アルデバランBFSのドライブギアとピニオンギア

 

ピニオンギアを拭くと、黒い汚れが少しとれました。

ピニオンギアの汚れ

まさかの悲劇発生!!

まあ、ここまでは順調だったんです。

しかし、この後に悲劇が発生しました!!(lll ̄□ ̄)

16アルデバランBFSはドライブギア軸のベアリング等が、Eリングではなく、ネジで固定されています(16メタニウムMGLも)。

このネジが、

16アルデバランBFSのドライブギア軸のネジ

こうなっちゃいました(/ω\)

潰れた16アルデバランBFSのネジ穴

ガッデム!!!ヽ(#゚Д゚)ノ

ネジ穴をなめてしまった!!!

 

実は、このネジは逆ネジだったんです。

普通のネジは反時計回りにまわしてはずしますが、これは時計回りに回して外します

そんなの聞いてねー!!!ヽ(#゚Д゚)ノ

 

失礼しました。m(_ _)m

そのようなわけで、ネジ穴を潰してしまいました。皆様もお気を付けください

なお、左ハンドルモデルは逆ネジでしたが、右ハンドルモデルは知りません。

そのようなわけで一時中断。ネジザウルスPZ-58モデルを急いで買ってきました。

ネジザウルスで潰れたネジを外す

このネジザウルスで、無事にネジを外すことができました。

もちろん、潰れたネジは新たに発注を頼みました。到着後、付け替えます。

気を取り直して残り部分を分解

次はウォームシャフト組。

Eリングが使われているのは、ここに2か所だけです。

16アルデバランBFSのレベルワインド組

ついでに、本体Bを固定するカムレバーや固定板もばらして洗浄。

本当に、16アルデバランBFSはネジや小さいバネが多いです(>_<)

細かいネジやパーツ

後はハンドルノブやBRツマミもばらして、分解終了。洗浄後、新たにボアードのグリス・オイルを塗って組立です。

すみませんが、組み立ての画像はありませんm(_ _)m

途中で別件のトラブル等があり、バタバタしていたので・・・。

 

しかし、組みあがった16アルデバランBFSは、シャリ感も無くなって滑らかになり、またハンドルの回転も軽くなりました。

後は、ドライブギア軸のネジを到着次第、交換ですね(^^;)

スポンサーリンク