シマノの12アンタレスをオーバーホール

この記事では、シマノの12アンタレスのオーバーホールの分解から組立の、全ての工程を解説します

全ての工程を、多くの写真と一緒に解説しました。
この記事通りにやれば、12アンタレスのオーバーホールができます!

マイクロモジュールギアになって巻き感が悪くなりやすくなったといわれる12アンタレスですが、しっかりメンテナンスすれば、ヌルヌルの巻き心地を維持できます。

それではさっそく始めましょう。

今回オーバーホールする12アンタレスのオーナーは、YouTuberとしても活躍している、琵琶湖・南湖の釣り人・徹之介さんです。
具体的な釣り方やルアーの使用方法も詳しく解説してくれているので、ぜひ皆様も一度ご覧ください。
徹之介のバス釣りファイル

ハンドルを外す

まずはハンドルを外します。
アンタレスのハンドルリテーナの固定ネジは、ハンドルの裏側にあります。

12アンタレスのハンドルのリテーナを外す

次にハンドル固定ナットを外します。
アンタレスのナットは普通のレンチでは外せないので、付属のレンチを使いましょう。

ハンドルナットを12アンタレス専用のレンチで外す

座金の周辺に異物が絡んでいます…。

泥で汚れた座金

ハンドル部にあったゴミ

ハンドルから座金までを外し終えました。
慣れていない方は、順番・向きがわかるように、きちんと並べておきましょう

外したパーツは順次パーツクリーナーへ投入していきます。

12アンタレスのハンドルとスタードラグ

サイドボディを開ける

ネジ4本外して、ボディを開けます。これは汚い…。

泥で汚れた12アンタレスの内部

ローラークラッチが少し錆びています!

錆びついた12アンタレスのローラークラッチ

前回オーバーホールした時も錆びていたので、その時にしっかり洗浄してグリス等も塗ったのですが、耐えられなかったようです。
または使用後の乾燥のやり方が悪かったのかも。

ドライブギア・ピニオンギアを外す

ドライブギアとピニオンギアを外します。かなり、ドロドロしています。

泥で汚れた12アンタレスのドライブギアとピニオンギア

ギアの歯の間も汚れていますね。

マイクロモジュールギアの歯の間に汚れがある

下の写真のような異物がポロポロ落ちてきます。
琵琶湖・南湖の釣り人のリールなので、どうしてもウィードのカスやゴミが付着します

リール内部にたまったゴミ

ギアを外した後の様子。
写真ではわかりませんが、本体表面を謎の薄い膜が張っていて、こするとポロポロ落ちます。

クラッチカムとドライブギア軸

このあたりで、本体B組(SVSブレーキ側)を外します。小さいEリングを取れば、外せます。

内部まで濡れているサイドボディ

ちなみに、私はEリングの付け外しはほぼマイナスドライバーで行っています。

ドライブギア軸を外す

次はネジ2本外して、ドライブギア軸を外します。

12アンタレスのギア軸のベアリング等はEリングで固定されていますが、16年モデル以降の新上位機種は、ネジによる固定に変更されています。

12アンタレスのドライブギア軸

ドライブギア軸のパーツを分解

上部のカバーを外す

次はカバーを外していきます。
外したネジが増えてくるので、ネジの種類・位置がわかるように並べておきましょう。

12アンタレスのサムバー

アンタレスのレベルワインドガード

クラッチ・レベルワインダー組の分解

レベルワインダー周囲の様子です。これは汚い!

ゴミが溜まったレベルワインダー

次は、クラッチヨークのパーツを外します。
バネが飛んでいかないように、しっかり押さえながら、注意して外しましょう

クラッチカムを分解

クラッチレバーを分解

次はレベルワインダーです。

ちなみに、レベルワインド受けの所に小さい座金が入っているので、無くさないように注意しましょう
(個体によっては、初めから無いものもあります)

レベルワインドのキャップの座金

Eリングを外して、分解します。

12アンタレスのレベルワインダーを分解

他のパーツの分解

最後に本体Aシートを外して、本体の分解完了になります。

カバーの取り外し

ついでに、メカニカルブレーキノブも分解してキレイに清掃します。

12アンタレスのメカニカルノブを分解

ハンドル組も分解です。

12アンタレスのハンドルを分解

これで、分解完了です。汚すぎて分解に時間がかかりました。

12アンタレスの分解が完了

汚れが強烈なので、パーツクリーナーに浸けたぐらいでは全く落ちません。
ブラシ等でしっかり洗浄していく必要があります。

組立前に、必ず清掃をしよう!

写真で見える以上にドロドロの汚れがリール内部にたまっていて、触るのが少し嫌になるほど。
みなさんは、リールがこれほど汚れる前にオーバーホールしましょう。

このアンタレスはかなりヘビーな汚れが付着していますが、これをしっかり除去しないと、グリスアップの工程に移れません。

汚れを中途半端に残したままでは、オーバーホールの価値が半減します
面倒くさがらずに、丁寧に掃除することが大切です!!

クリーナーで落ちない汚れをブラシで除去

分解時にパーツをクリーナーへ投入していますが、その程度では全く汚れは落ちません。
油分を落とすだけで、汚れは残ります。

そこで、汚れの残っているパーツをブラシと洗剤で洗います
一応、細毛で柔らかいブラシを使用。

ギア洗浄に使うブラシ

その後、更に音波洗浄機にも投入します。

リールのパーツを超音波洗浄

パーツはすっかりピカピカになりました。
どうせオーバーホールをするならば、しっかり汚れを落とす事を大切にしています。

汚れや異物が残っていたら、せっかく新しいグリスやオイルを塗っても、違和感に繋がってしまいます

洗浄してキレイになった、12アンタレスのサイドボディ

清掃してキレイになったマイクロモジュールギア

レベルワインダーの組立

私は表面保護も兼ねて、ますボディ全体を薄くグリスで塗ります。

ボディの表面をグリスで保護

まずは、レベルワインダーを組み立てます。
Eリングのはめ込みも、私はマイナスドライバーで行っています。Eリングを飛ばして無くさないように注意しましょう

12アンタレスのレベルワインド組の組立て

クラッチの組立

次はクラッチ部分の組立です。
下の写真は洗浄前ですが、この部分がもう腐食したのか、少しボロボロになっています

12アンタレスのボディの腐食

クラッチプレート等の可動部分には、しっかりグリスを塗っておきましょう。

クラッチレバーの組立て

次はクラッチツメをはめ込みながら、クラッチカム抑え板を固定していきます。

クラッチツメの組立て

この時も、バネを飛ばさないように注意しましょう。また、バネの向き間違いに注意!!

これを組み立てたら、クラッチがしっかり動くか確認しておきましょう。

上部カバーの取り付け

このあたりで、サムレストやガードカバーを取り付けましょう。
ネジの太さや長さに違いがあるので、間違えないように注意してください。

12アンタレスのボディカバーの取り付け

ドライブギアの組立

次はドライブギア軸の組立、取付です。座金も忘れないように。

ドライブギア軸の組立て

ボディにドライブギア軸を取り付ける

そろそろボディのサイド組も組み立てましょう。きっちり洗浄したベアリングを取り付けます。

ローラークラッチもクリーナーと洗剤と綿棒で、可能な限りの錆びを落としました。

サイドボディ(パーミングカップ)の組立て

ベアリングをバネで固定

ギア組の組立完成です。
ちなみに、グリスを塗るときは筆を使って塗っています。

12アンタレスのドライブギアを取り付ける

ボディ・ハンドルを付けて完成

ボディを組み合わせる時、この小さいバネの取り付け忘れに注意です。

サイドボディのバネを忘れないように

ナット、座金、ハンドルを取り付ければ、組み立て完了です!

オーバーホールが完了した12アンタレス

ドロドロの汚れや錆びがありましたが、非常に滑らかな巻き心地に復活させることができました。

これで、より一層デカバスをバシバシ釣ってくれるでしょう。
徹之介さんの今後の釣果に期待です。