派手なカラーのルアーが活躍 台風通過後の琵琶湖で釣行

台風5号の通過によって、琵琶湖の水位は一時40cmぐらい一気に増えました。

当然、瀬田川洗堰は全開中なので、普段よりも速い流れが発生しています。

そして、つよいニゴリが……。

そのような状況で迎えたお盆休み。

山の日の早朝に、短時間釣行に行ってきました。

  • 天候: 曇り
  • 気温:
  • 水質: 濁りがキツイ
  • 時間: 6時~7時半

スポンサーリンク

抹茶のような水の琵琶湖・南湖

台風で濁った琵琶湖

到着後に水面を見ましたが、やはり台風の影響で濁りがキツイです。

また、洗堰が全開放流中のため、普段よりも流れがはっきりと存在し、ゴミやウィードの切れ端が流れています。

目立つルアーでアピールしないと釣れる気がしません。

ブラックカラーのスピナーベイト

最初はクランクベイトで様子を探りましたが、どうにもゴミが引っかかって、やりにくいです。

そこで、シルエットが目立つ黒色のスピナーベイトにチェンジ。

DUO レアリス カンビオスピン

 

DUO・レアリス・カンビオスピン・1/4ozでひたすら岸際を巻いていきます。

バスが釣れた護岸際

強い流れやゴミも多いので、沖側は捨てて、護岸際と岸にたまったウィードの際だけを狙います。

巻き続けていると、ゴンッとバスのバイトが!

DUO レアリスのカンビオスピンで釣れたバス

20cmちょっとの小バスでした(^-^;

 

この岸に溜まっているウィードの際にスピナーベイトを通すと、喰ってきました。

草が切れて浮いている影

オレンジカラーのジャークベイト

一通り岸際をスピナーベイトで巻きながら移動してきたので、次は別のルアーを投げながら戻ります。

次に選択したのは、オレンジカラーのジャークベイト。

ラパラ X-RAP XR8

ラパラ・X-RAP・XR8です。

これは水押しが強いタイプではありません。ダートさせて見せて喰わすタイプのジャークベイトなので、あまり濁った状況には適していないルアーですが、今回は護岸際だけを狙っているので、目立つカラーでリアクション狙いで選択しました。

 

ラパラはX-RAPスラッシュベイトと銘打っていて、ダートの鋭さは見事です(^_^)

パンッパンッと一定のリズムでジャークしていると、ゴミが絡まったような重みが!

一応フッキングして巻き続けると、30cmちょっとのバスでした(^_^)

X-RAPで釣れた南湖のバス

 

これをもって、朝の1時間半の釣行は終了です。

ビッグサイズは出ませんでしたが、岸際についているバスに絞った事で、なんとか2匹キャッチすることができました。

まだしばらく、台風の影響は抜けそうにありません。

水が入れ替わることによって、クリアな水質になってくれたら、私はやりやすいのですが(^-^;

今日のタックル
  • ロッド: ツララ ハーモニクス コローナ58
  • リール: シマノ 16アルデバランBFS XG
  • ライン: 東レ エクスレッド 9lb

スポンサーリンク