SVSインフィニティの外部ダイヤルが動かない時の調整方法

先日入手した17クラドK

さっそくチョイ投げに行ってきたのですが、キャスト前にブレーキを調整しようとすると、

外部ダイヤルが動かない……(ノ´Д`)

 

ハズレ個体を買ってしまったのか、SVSインフィニティの外部ダイヤルが全く動きません!!

“固くて動かしにくい”ではありません。

全然動かないんです(T_T)!!

爪を立てて動かそうとしても、爪が削れるだけで、ダイヤルは動きません……。

しかたないので、帰宅後にクラドKを分解。

SVSインフィニティの調整を行いました。

 

クラドKはSVSのハッチが外れない仕様なので、SVSの調整をするために分解する必要がありました。

今回は、SVSインフィニティの外部ダイヤルの固さ調整の様子を紹介します。

別の機種でも、ダイヤルが硬くて動かしにくいという人もいると思うので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SVSハッチの取り外し

メタニウムやクロナークはSVSハッチを取り外せますが、クラドKはEリングで固定されています。

なので、作業するためにボディを開封し、Eリングをはずす必要があります。

SVSインフィニティの硬い外部ダイヤルを調整

オーバーホール好きの私ですが、SVSのブレーキユニットを分解するのは初めてです(^_^;)

ちなみに、右側に2つある黒いネジを緩めると、ダイヤルが柔らかくなることがあるそうです。

しかし今回の私のケースでは、動きに影響を与えませんでした。

SVSインフィニティのブレーキユニット分解

クラドKのSVSインフィニティを分解

ブレーキユニットを分解していきます。

分解すると、1枚あるはずのカムレバー調整座金がありません。

そして1枚のはずの別の調整座金が2枚あります(^_^;)

まあ、個体によって調整座金の枚数は増減しますが……。

ブレーキパイプの取り外し

SVSインフィニティのブレーキパイプをはずす

そして、ブレーキパイプを取り外します。

ここに異物などが混入して、動きが固くなることもあるそうです。

しかし特に異物などはなく、薄くグリスが塗られているだけです。

 

一度グリスを拭き取り、再び柔らかいグリスを塗りなおします。

軽い力で動くSVSのダイヤル

このダイヤルギア2つだけならば、スルスルと簡単に動かすことができます。

 

単体でも動かないSVSインフィニティのブレーキパイプ

しかしこのブレーキパイプギアは、単品だけでも非常に硬い!!

どうやら、これが原因みたいです。

異物や異常も無く、薄くグリスを塗っただけなのに、ブレーキパイプギアの動きは非常に悪い。

一度組立ててみても、やはり外部ダイヤルを回転させることは困難です。

個体差で、動きが固いものに当たってしまったのかもしれません(^_^;)

ブレーキパイプギアをオイルで調整

柔らかいグリスでも動かなかったので、一度パーツクリーナーでしっかり洗浄し直します。

SVSインフィニティのブレーキパイプを洗浄

乾燥後、エアダスターでチリなどもしっかり吹き飛ばします。

そして、粘度が高めのオイルをブレーキパイプギアと受けユニットに塗ります。

オイルをブレーキパイプの駆動部に塗る

そして丁寧に組み上げます。

少し固めですが、なんとかブレーキ調整の外部ダイヤルを動かせるようになりました(^_^)

動くようになったクラドKのSVSインフィニティ

個体差? 調整座金枚数のミス?

オイルでブレーキユニットを仕上げることで、なんとか外部ダイヤルを動かせるようになりました。

しかし、爪をダイヤルの溝に立てて動かさないと、動いてくれません(=_=;)

指の腹ではなかなか動かせません。

今回は座金の枚数の変更も試しました。

SVSの調整座金2枚

この座金は2枚ありますが、まだ1枚だけの方がダイヤルが柔らかかった気がします。

しかしこれを1枚に減らすと、本体フレームとSVSハッチのサイドボディを固定するカムレバーが動いてくれません(=_=;)

 

私のリールに入っていなかったカムレバー調整座金があれば、もっと上手くいったかも……。

面倒な作業でしたが、外部ダイヤルでブレーキ力を調整できないと、SVSインフィニティの意味がありません。

別のシマノリールでも、個体差でブレーキ調整の外部ダイヤルが固い物もあると思います。

それの調整の参考になれば嬉しいです。

 

せっかくクラドKを分解したので、そのままオーバーホール作業にうつりたいと思います。

次回の記事から、オーバーホールの様子をご紹介します。

スポンサーリンク