シマノのクラドKをオーバーホール 【分解編】 驚きの接着剤!?

前回の記事にて、硬くて動かないSVSインフィニティの外部ダイヤルの調整の様子を紹介しました。

クラドKのSVS側のハッチはEリングで固定されているので、調整のためにリールを分解。

せっかくなので、このままオーバーホール作業を開始しました。

旧モデルから構造が変化したので、ワクワクしながら作業していたのですが……。

引っ付いて取れないパーツがあり、慎重に外すと……パキッ!!

……え!? 何これ!? パーツが接着剤で固定されているの!?

接着剤が付いたクラドKのサムレスト

全く予想外の出来事が発生しました!!

これは何???(ノ´Д`)

オーバーホールの様子を順番に書きながら、このショッキングな出来事をご紹介します。

スポンサーリンク

ハンドル部の取り外し

まず最初はハンドル部分のパーツの取り外しです。

クラドKのハンドルの取り外し

パーツを外していくと、ローラークラッチベアリングの前に、新しく増設されたベアリングが見えます。

最近の新モデルはこの部分にベアリングが入れられるようになりました。巻き上げトルクの向上が期待できます。

ローラークラッチ部に増設されたベアリング

ハンドル~スタードラグや座金のパーツを全て取り外しました。

ベアリングの増設以外は、特に変化はありません。

クラドKのハンドル部パーツ

ギアの取り外し

ボディを開封すると、新しいマイクロモジュールギアが見えます。

やはりマイクロモジュールギアの歯面は、付いているグリスが少ないですね。

クラドKのマイクロモジュールギア

ドライブギアとピニオンギアを、傷つけないように外します。

ドラグ座金はカーボン製のものが使われています。

クラドKのギアパーツ

ドライブギアのグリスは少ないですが、他の部分にはグリスがベッタリです(^-^;

シマノのリールによくあるパターンです。

ドライブギアとピニオンギアを取り外した本体

一番上のネジで、本体フレームとサムレストが固定されています。

 

次はドライブギア軸を外し、分解します。

クラドKのドライブギア軸を分解

ギアの色が黒色に変化していますが、仕組みは同じです。

サムレストの取り外しで悲劇が……!?

次に本体フレームからサムレストを取り外します。

ネジを外し、サムレストを取ろうとしたのですが……あれ? 取れない??(^_^;)

固定ネジは全て取り外したはずなのに……。

隙間に爪を入れ、慎重に外していきます。

親指を置く先端部分が、フレームに引っ付いて取れない。

嫌な予感がしますが、それでも慎重に外そうとすると……パキッ!!!!

えっ!? 何がおきたの!?

接着剤が付けられていたサムレスト

……このかたまりは何?

もしかして、接着剤!?

なんで接着剤なんかで固定してるの!?ヽ(;´Д`)ノ

 

パーツの割れはありませんでした。

たぶん接着剤みたいなもので、サムレストの先端は固定されていたようです……。

それを強引に剥がしたので、パキッと音が鳴ったようです。

この部分は分解しない方が良いかもしれません。

私は犠牲になったのだ(T_T)

レベルワインドの取り外し

気を取り直して、作業を続けます。

次はレベルワインドのウォームシャフトを取り外します。

このクラドKは、レベルワインダーの両端がEリングで固定されています

以前までは、片方だけだったのに……。

Eリングで固定されたウォームシャフトギア

反対側のEリングも外します。

ウォームシャフトギアのEリング

 

レベルワインドのウォームシャフトギアの分解が完了しました。

分解したクラドKのウォームシャフトギア

 

パイプの差込口のところに、防水のため?のゴム輪が新しく追加されていました。

レベルワインドパイプの穴にはめられたゴム輪

クラッチや他のパーツの取り外し

最後にクラッチパーツを取り外します。

クラドKのクラッチは貫通式ですが、特に構造に変化はありません。

分解したクラドKのクラッチパーツ

 

そしてサイドボディのベアリング等を外します。

クラドKのサイドボディを分解

クラドKの分解が完了

これにて、クラドKの完全分解が完了しました。

全て分解したクラドK

ハンドルノブの内部は4つ全てがカラーなので、これらはベアリングに変更した方が良いと思います。

とにかく今回の分解は、サムレストが接着剤か何かで固定されていたのが驚きでした。

入り込んだグリスが固まった……とかじゃないですよね?

もし公式の組立てで接着剤が使われるならば、なんだかガッカリです(ノ´Д`)

新旧のドライブギア比較

最後に、14スコーピオンHGのドライブギアと17クラドKのXGのギアのサイズを比較してみました。

17クラド200XGKのドライブギアと14スコーピオンHGのドライブギア

ギア比の差がありますが、少しドライブギアが大型化した感じですね。

次回は、洗浄したクラドKの組立ての様子をご紹介します!!

…Eリングが増えたので面倒くさい(-_-;)

スポンサーリンク