duo レアリスクランク M62 5A 村田基のサイン入り

アメリカのバストーナメント2018バスマスター・エリート・レイクマーティン戦で、大森貴洋プロが優勝。
アメリカのトーナメントファンの釣り人は、ブログやSNSで歓喜に沸いています!

その影響で、ラッキークラフトのクランクベイトR.T.Oも、大人気になりました。
使用していたカラーのTOクローは各店で売り切れとのこと。

大森プロ、ラッキークラフトさん、おめでとうございます!

……しかし、私は一つ言いたいことがあります。
2位のRoy Hawkが、DUOレアリスクランク M62 5Aで活躍していることを!

DUO レアリスクランク 8A

今回のバスマスターは、日本のルアーが大活躍していたことを!

大森プロとR.T.Oについては、多くのの釣りブロガーの方々が詳しい記事を書いらっしゃいます。

私はアメリカトーナメントについて、あまり詳しくありません。
しかし、2位のRoy Hawkとレアリスクランクについて、まったくブログやSNSで話題になっていない状況にウズウズしていました

そこで、DUOファンの私がこっそり、2位のRoy Hawkとレアリスクランクについてアピールさせていただきます。

2位のRoy HawkはDUOのプロスタッフ

2018バスマスター・エリート・レイクマーティン戦で2位になった、Roy Hawk
実は、私の大好きルアーメーカーのDUOのUSAプロスタッフです(2018年当時)。

そんな彼が今回の試合で使っていたルアーが、レアリスクランクM62 5A
そう、村田基さんプロデュースのルアーです(^_^)

試合中の映像が、下記のbassmaster.comから見ることができます。

>>>Lake Martin: Yamaha Taste the Bait – shallow strategies

>>>LIVE at Martin: Hawk’s spotted bass upgrade

westernbass.comによると、”M62 5Aのscarletカラー(スパークレッド CCC3032)を使っていたが、ロスト?したからマニキュアで塗って使った”らしいです。

レアリスクランクで良いサイズのバスを釣っていますね!

アメリカトーナメントで活躍するDUOのルアー

DUOのルアーで一番有名なのは、多分スピンベイトシリーズでしょう。

DUO レアリス スピンベイト80

これが”スパイベイト”というネーミングで、アメリカで流行!

去年、帝王ケビン・バンダムが優勝した試合で、スピンベイトを使用していたことが、日本でも話題になりました。

次に有名なのは、レアリスジャークベイトでしょうか。

DUO レアリスジャークベイト 120SP

このレアリスジャークベイトは、トッププロのアーロン・マーティンスのスペシャルカラーが、アメリカで発売されています。
……日本では発売されないのかな?

他にも、ディープクランクのレアリスクランク G87 15A20Aも、アメリカの動画で見かけます。

DUO レアリスクランク G87 20A

そして、今回のバスマスターで、M-Lineシリーズのレアリスクランク5A~11Aも有名になるのではないでしょうか?
村田基ファンの私としては、非常に嬉しいです。

duo レアリスクランク M62 5A 村田基のサイン入り

村田さんにサインしてもらった、宝物のレアリスクランク M62 5Aです。

アメリカトーナメントの1位・2位の選手の活躍に日本のルアーが!!

今回の2018バスマスター・エリート・レイクマーティン戦では、1位、2位の選手が日本のルアーで活躍した!!という嬉しい結果となりました。

もちろん、大森プロ優勝おめでとうございます!!、というのが一番です。

しかし、DUOファン、そして村田基ファンのわたしとしては、DUO契約アングラーのRoy Hawkがレアリスクランクで活躍していたよ!という事も知ってほしい。
そういうわけで、今回の記事を書きました。

しかし、日本DUOはこのことについて、現在のところ何も宣伝しいません。
アメリカのDUOはSNSで宣伝しているのに……。