シャッドラップで釣った2018年の初バス

3月17日の釣行で、2018年の初バスを遂に釣ることができました。

今年の3月前半は非常に暖かく、SNSでは多くの釣果があがっていました
初バスがまだだった私は、だんだんプレッシャーが……。

今年はどんなルアーを投げてもアタリさえなかったなか、最終兵器のシャッドラップを投入。
約45cmのバスを釣れて来てくれました。

プレッシャーから解放されたおかげか、翌日の18日にも40アップのバスを釣ることができました。
週末の瀬田川で釣れた時の状況をまとめます。

初バスはラッキーフィッシュ!?

ナイスサイズのバスが釣れましたが、実はそれは完全なマグレ、ラッキーフィッシュでした。

1月から、ジャークベイトやクランクベイト、バイブレーションなど様々なルアーを投げてきましたが、1回のアタリさえない日々が続いていました

3月になり、20度前後の暖かい日が続き、瀬田川の水温が10度を超えました。
時々小さいギルの姿を見かけることもありましたが、以前としてバスからの反応がない日々。
SNSでは多くの釣果情報が……。

今日こそは釣ってやる!と意気込み、最近まで封印していたスピニングタックルとシャッドラップで瀬田川に出撃。
しかし、2時間ほど投げ続けても反応なし。

「今日も全然釣れないわあ~」

と、だんだん集中力をなくし、ヤケクソになってグリグリー!!と勢いよく巻いていると、ゴミが引っかかったような重みが…

巻き上げると、2018年の初バスが付いていました(笑)

シャッドラップで釣った2018年の初バス 2

約45cmのナイスバスですが、

「こんな釣りで釣れちゃったよ……」

というのが、正直な気持ちです。

釣れた場所は瀬田川が曲がっている部分で、水の流れが速い場所

今までは、水の流れが弱くなっているポイントや、流れがよれているポイントばかり投げて、ノーフィッシュをくらっていました。
そんな中、初バスがヒットした場所は、予想していなかった流れの速いポイントでした

瀬田川洗堰の放流量も120m³/sと多めだったため、こんな流れの強い場所にはいないだろう、と思いながら適当に巻いていました…。

ヒットルアーは、ラパラのシャッドラップ SR-5の黒金。
定番の釣れるルアーが、私に初バスを連れて来てくれました。

翌日のウェーダー釣行

初バスが完全なマグレで釣った魚だったので、翌日の日曜日も、再び瀬田川へ出撃しました。

この釣行では、ウェーダーを装備。太ももまでの簡易ウェーダーです。

ウェーダーを履いて釣行

シャローフラットが広がるエリアでの釣りでは、ウェーダーがあると世界が広がります。

最初のポイントは、水深50cmぐらいから一気に4mぐらいまで下がるブレイク・駆け上がりポイントです。
少し水中岬のような感じになっている、おいしいポイントです。

このポイントも、瀬田川がのカーブしているポイントで、流れが速い場所
前日の初バスの結果を踏まえて、隣接した流れの強い場所で、更にシャローとディープが隣接している場所を選びました。

選択したルアーは、ブレイクの深い場所からボトムノックするため、DUOのレアリスシャッド62DRF

DUO レアリスシャッド62DRF

これをボトムノックさせながら巻いてきます。
すると、開始10分ぐらいで、ロッドに重みが!

水中岬で釣った40アップのバス

40アップのバスがヒット!
2匹目のバスは、早く釣ることができました。

針がかかっていたのは、下顎の部分。まだ活性はそれほど高くないのでしょうか?

水中岬で釣った40アップのバス 2

釣れたポイントは水中岬っぽいポイントの下流側。
深さは、たぶん1.5m~2mレンジ。
昨日のシャッドラップと、大体同じレンジです。

しかし、その後は続きませんでした。

シャローエリアは反応なし

その後は、ロザンテ77SPで1m前後のシャローフラットエリアを探り続けましたが、何も反応を得られませ。

DUO レアリス ロザンテ77SP

瀬田川は水温10度を超え、暖かい日が続いたことで春が近づいてきたかなと予想していましたが、シャローエリアで釣るにはもう少し待つ必要があるのかな、と感じました。

週末釣行のまとめ

瀬田川においては、1mレンジのシャローエリアでは、バスの反応を得られません。

しかし、2m前後のレンジでは、流れの強いポイントでもルアーにアタックしてきました

釣れた両方のバスはある程度早く巻いたシャッドに喰ってきているので、ベイトフィッシュを食べて体力をつけている段階なのでしょうか?
しかし釣れたバスは、どちらもスリム体型。

釣れたポイントの共通点は、流れが速い2m前後のレンジ

番外:足が深みに嵌ってピンチ!?

日曜日のウェーダー釣行時、実はヒヤッとした場面がありました。

水深20cmぐらいの浅いエリアを歩きながら吊していると、突然左足がズボッと地下50cmほど深く嵌ってしまいました。
太もも上部ぐらいまでのウェーダーなので、お尻部分が少し濡れてしまいました。

嵌った場所は、普通に水深20cm前後に見える場所

ウェーダーで足がはまった場所

しかし、写真のとおり、浅く見えるでしょう?
水底をしっかり目視できます。

しかし、一気に太もも部分までズボボッと足が嵌りました

ひざ下ぐらいまでの水深の場所だったので、穴に嵌ってもお尻が濡れる程度で済みました。
しかしこれが深いエリアで突然穴に嵌っていたら…。

みなさん、ウェーダーで釣りをする時は、隠れた穴に注意してください。