波でバスの捕食スイッチON! レアリスシャッドにバスがアタック!

ゴールデンウイーク初日の今日、11時から瀬田川へ出撃してきました。

雲がほとんどない快晴で微風、時間は昼間。ピーカンの天気で厳しい状況でしたが、なんとかシャッドでバスを2本釣ることができました。

実はその2匹は、大きめの船が通って強い波が発生した時に釣れたもの

波が岸に当たって泥が舞い上がったとき、ルアーを激しくジャークするとバスが喰ってきました(^_^)

急な状況変化が発生した時、確かにバスの捕食スイッチが入りました

  • 天候: 快晴
  • 気温: 23℃
  • 水質: 濁り
  • 琵琶湖水位: +16cm
  • 放流量: 100m³/s
  • 時間: 11時~15時

スポンサーリンク

今日の作戦

現在の瀬田川の水は抹茶のように緑色に濁っています。

濁った瀬田川

そして釣行時間は真っ昼間。天気は快晴微風。

そしてGWの連休。

なかなか厳しそうな状況です(^^;)

そんな状況なので、「バスは何かにピッタリ身を寄せているんじゃないか?」と予想。

足元の護岸際をしっかりルアーを通したり、ウィードに軽く当てる作戦で攻めます。

 

最初のルアーはレアリスシャッド59MRの晩秋アユカラー。

濁りは強いが快晴の天気ということで、クリアカラーでありながらシルエットがしっかり出そうな茶色を選択しました。

DUO レアリスシャッド59MR 晩秋アユ

波で岸辺に泥が舞い上がったとき、バスの捕食スイッチが!!

潜らせてウィードに当てたり、岸際を巻き続けること約30分。

川の真ん中を大きめの船が早いスピードで通り過ぎていきました

船が起こした大きな波が岸にぶつかり、泥が舞い上がって茶色い濁りが発生!!

「これはチャンス!!(゚Д゚)」

水中の小魚はパニックを起こしているんじゃないかと予想し、ルアーを激しくジャーキング。

パニックアクションで誘いをかけます。

すると予想通り一撃でヒット!!

レアリスシャッドで釣ったバス 1匹目

残念ながら、サイズは小さめの20cmぐらいでした(^_^;)

しかし、狙い通りに一撃で釣る事ができたのは、なかなか嬉しいです。

 

船によって起こされた波は、護岸の上の方まであがる強めの波でした。

瀬田川の護岸

再び船が来た時、バスの捕食スイッチが入る

その後シャッドを巻き続けて約20分後、Uターンした船が戻ってきます。

「同じパターンで釣れたら完璧やな( ̄ー ̄)」と思い、波で泥が舞い上がるのを待ちます。

そして船によって発生した波が岸に当たったとき、再びシャッドをキャスト

再びバシバシ激しいジャーキングをして、ルアーをパニックアクションさせます。

そして再び一投目でバスのバイトが!!

レアリスシャッドで釣ったバス 2匹目

ちょっとだけサイズアップしました(^_^;)

20後半ぐらいです。

サイズはちょっと小さいですが、シャッドをばっくり咥えています。

波で岸辺の水がかき混ぜられた時はチャンス!!

2匹のバスを、全く同じ状況・同じアクションで、一投目で釣れたことがとても嬉しいです(^_^)

サイズは正直小さいですが、どちらも狙い通りに一撃で仕留めることができました!!

 

以前、バスプロの山木一人さんのDVDを見た時、

「大きい船が通って波が発生した時はチャンスだよ」

「小さいエビとかが波で舞い上がる」

という事を仰られていました。

(うろ覚えです(^^;))

 

今回はその通りに、波で泥・ゴミ等いろいろ舞い上がったタイミングで釣ることができました。

波で岸辺の水がかき混ぜられたとき、近くにいたバスの捕食スイッチが入った、と言って良いのではないでしょうか。

その後の3時間、バスからの反応一切なし

最初の1時間でバスを2本釣る事ができましたが、それ以後の3時間は一切バスからの反応はなく、そのままタイムアップとなりました(^_^;)

2匹目を釣った後、「実はジャーキングが正解なのでは?」と思い、一時間ぐらいミノーやシャッドでジャーキングするも反応なし

DUO レアリス ロザンテ77SP

スピンベイトを護岸沿いやウィードの上を通すも反応なし

(そもそも濁りに弱いルアーですが…)

DUO レアリス スピンベイロ80 G-Fix

最後はボウズ逃れの必殺ルアー・レアリススピンを投げるも、やはり魚からの反応なし

DUO レアリススピン

ピーカンの天気やGW休日で人のプレッシャーが多いという、従来通りの厳しい状況でした(^_^;)

やっぱり強い波が発生した時だけ捕食スイッチが入った??

今日のバスからの反応は船で波が発生した2回のみ、という結果になりました。

他の4時間をスピード緩急をつけて丁寧に攻めましたが、バスはもとより、ブルーギルからの反応もありませんでした

これはもう、波で水がかき混ぜられて泥が舞い上がったときだけバスの捕食スイッチが入ったのではないでしょうか?

2匹目を釣った後、激しくジャーキングしようが、逆にゆっくり巻こうが、全く反応がなかったので……。

魚の反応を全く得られなかった後半が、今日の課題ですね。

ピーカン微風で人のプレッシャーも多いという状況ではやはりワームが有効なのでしょうか(^_^;)

ワームは苦手なんです……(ノ´Д`)

スポンサーリンク