シマノの13メタニウムをオーバーホール! 【組立編】

現在13メタニウムのオーバーホールの様子を、3回に分けて掲載しています。

今回の記事では、組立ての全工程をご紹介します

組立て工程では、とにかく【Eリング】と【パーツの向き】と【パーツの紛失】に注意してください(^_^;)

Eリングを失くしてしまうと、予備が無ければオーバーホール作業が停止してしまいます。

Eリングさえ無事に取り付けることができれば、あとはそんなに難しくありません。

それでは組立てを開始します。

スポンサーリンク

ハンドル、サイドボディの組立て

グリスで手が汚れる前に、まずハンドルサイドボディ部分を組立てておきます。

組立てた13メタニウムのハンドル

ハンドルノブですが、最近のシマノの座金調整具合は、キツメに感じます。

ノブが前後に動く余白がなく、ノブを弾いても全然回転しません。

ほとんどの場合、私はハンドルノブの座金を薄いものに交換しています。

ほんの少しだけノブがカタカタ動くぐらいが、私の好みです。

 

サイドボディ部分も、ベアリングをはめて組立てます。

組立てた13メタニウムのサイドボディ

ハンドル側にあるローラークラッチには、少しオイルを注しておきます。

レベルワインドの組立て

それではメイン部分を組立てます。

私はボディ内部の表面に、薄くグリスを塗ります

保護膜の目的で塗っていますが、これは人それぞれですね。

シートを付けてグリスアップ

 

レベルワインドをガイド棒にさして、Eリングで固定します。

レベルワインド組の取り付け

 

次にウォームシャフトのギア類です。

座金がありますので、全て忘れずに取り付けてください。

組立て前のウォームシャフト組

 

銅色の座金2枚Eリングで固定。

この部分も少し回転しますので、オイルがグリスを少し塗ります。

ウォームシャフトの取り付けとEリング固定

最後に、ウォームシャフトピンを入れて、フタをします。

ピンとフタの間には小さい座金があります。忘れずに。

ウォームシャフトピンの取り付け

組んだあとは、ギアを回転させて動きを確認。

クラッチの組立て

まずはクラッチレバーを取り付けます。

特に、銀色のクラッチプレートにはたっぷりグリスを付けてください。

13メタニウムのクラッチレバー

ここのグリスがなくなれば、クラッチが固くなります。

クラッチレバーを取り付け完了。

13メタニウムのクラッチレバーの取り付け

次に、クラッチカムの組立てです。

バネは、足の長い方をボディの穴に差し込みます

クラッチカムのパーツ

また、クラッチツメにプラスチックのブッシュをはめ込むのも忘れないでください

ツメとバネと黒色のクラッチカムを組立て、バネの圧力に逆らって銀色金具のクラッチプレートにはめ込みます。

それぞれ突起や穴がちゃんとあるので、うまくはめ込んでください

クラッチカムの取り付けが完了

はめ込んだ後、そのまま指を離さずに、うまく押さえ板を取り付け、ネジで固定してください。

ネジを閉める前に指を話すと、バネの力でパーツが吹っ飛ぶ場合があります(ノ´Д`)

 

余談ですが、ダイワのTウイング機構のものより、シマノのクラッチカム部分の組立ての方が簡単です。

ダイワのクラッチバネは、シマノの2倍は硬かったです(=_=;)

個体差??

 

ついでに、このあたりでレベルワインドガードも付けてください。

レベルワインドガードの取り付け

ドライブギア軸の取り付け

次はドライブギア軸の組立てと取り付けです。

これが最後のEリング工程です。

ドライブギア軸のパーツ組

順番にパーツをはめた後、Eリングを押し込んではめてください。

個人的には、ここのEリングがはめ込むとき一番硬いです。

慎重に作業してください。

ドライブギア軸のパーツをEリングで固定

ネジで固定して、ドライブギア軸の取り付け完了。

ドライブギア軸の取り付け

危険な工程は終わったので、ここまでくれば私はだいぶ気楽になります。

個人的には、作業は9割終わったようなもの( ̄ー ̄)b

ギアの取り付け

いよいよメインギアの取り付けです。

オーバーホールもいよいよクライマックス!!

ドライブギア・ピニオンギアをはじめ、私は全ての箇所にボアードのオイルやグリスを使用しています

バリバリの琵琶湖アングラーのリールで複数のメーカーのグリスを試しましたが、ボアードのグリスが最も耐久性がありました。

ピニオンギアの取り付け

それではピニオンギアを取り付けます。

白色プラスチックのクラッチヨークも可動部分なので、しっかりグリスを塗ってください。

ピニオンギアの取り付け

ドライブギアの取り付け

いよいよドライブギアの取り付けです。

順番は間違わないでしょうが、黒色金具のストッパーギアや押さえ板の向きだけ間違わないように注意。

ドライブギアとドラグ座金

ドライブギアの取り付け完了!!

ドライブギアの取り付けと、ボアードでグリスアップ

マイクロモジュールギアの歯はとても小さいので、沢山グリスを塗ってもあまり意味ありません

量が多すぎると、別の所に飛び散ったりするだけです。

サイドボディとハンドルの取り付け

サイドボディを取り付け、ネジで固定

この時、ハンドル側を下にしてインナーチューブが抜けないように注意してください

チューブは穴にはまっているだけなので、簡単に抜けてしまいます。

サイドボディの取り付け

 

座金スペーサーナットを取り付けます。

座金やスペーサーやナットの取り付け

座金は<>という感じに、互い違いになるように付けます

スペーサーは銅色の面が下(スプール側)です。

ナットで固定したら、そろそろスプールもはめておきましょう。

 

次にスタードラグの取り付けです。

スタードラグと座金とバネ

 

最後にハンドルを固定したら、オーバーホール完了です!!

お疲れ様でしたm(_ _)m

オーバーホールが完了した13メタニウム (左)

13メタニウムのオーバーホールまとめ

13メタニウムはシマノリールの基本となるような、シンプルな構造です

アンタレスやアルデバランBFSと比べれば、複雑ではありません。

メタニウムは超々ジェラルミン製のドライブギアなので、使い続けると巻き心地にゴリ感が出やすいリール。

定期的にメンテナンスして、滑らかな巻き心地を維持させてください。

 

前回までの2つの記事で、13メタニウムの全分解の工程もご紹介しいています

オーバーホールの参考にしてください(^_^)

自信の無い人は、分解編1のドライブギア・ピニオンギアの取り外しまでを挑戦するのがオススメです。

スポンサーリンク