フロロリミテッド、GT-Rウルトラ、FCスナイパーの太さを測定

この記事では、日本の人気ラインである「フロロリミテッド」「GT-R ウルトラ」「FCスナイパー」のラインの太さについて調べます

前回・前々回の記事にて、海外で販売されているラインの太さを計測すると、ほとんどのラインがパッケージ記載のライン径と違うことがわかりました。

細いライン径に対して強い結節強度が表示されていたヨーロッパのライン。

しかし実物のラインの太さがパッケージ表記のライン径より実1~2規格太かった……

号数でいえば、1.2号表記のラインが1.5号や2号の太さだった

だったらラインの強度が強いのは当然ですよね(^_^;)

では、日本で販売されているラインの太さは正確なのか?

パッケージ記載のラインの太さと、実物のラインの太さは同じなのか?

気になってしまいますよね?

そこで今回もマイクロメーターを使い、私が持っているナイロンラインやフロロカーボンラインの太さを計測しました。

計測したラインは以下の通りです。

  • シーガー 「フロロリミテッド
  • サンヨーナイロン 「GT-R ウルトラ
  • サンライン 「FCスナイパー
*注意点

5000円ちょっとで購入したマイクロメーターでの計測になります。

0.001mmの世界なので、測定結果にわずかな誤差はあるかも、という軽い気持ちで見てください(^_^;)

*マイクロメーターの器差スペック ±3μm (0.003mm)

それでは、その結果を報告します。

スポンサーリンク

「フロロリミテッド」の太さをマイクロメーターで測る

最初に計測するのは、超人気フロロカーボンラインの「フロロリミテッド」です。

5lb、6lb、8lb、10lbラインをそれぞれを計測していきます。

ちなみに、各lbのラインの太さのパッケージ表記は、以下のようになります。

釣糸JAFS標準直径
  • 1.2号 (5lb) — 0.185mm
  • 1.5号 (6lb) — 0.205mm
  • 2号 (8lb) — 0.235mm
  • 2.5号 (10lb) — 0.260mm

 

まずは「5lb」と「6lb」の計測結果を書いていきます。

フロロリミテッド 5lbのラインの太さを測定

フロロリミテッド 5lb 0.185mmの計測結果
  • 1回目 — 0.185mm
  • 2回目 — 0.185mm
  • 3回目 — 0.186mm
  • 4回目 — 0.185mm
  • 5回目 — 0.185mm

 

フロロリミテッド 6lbのラインの太さを測定

フロロリミテッド 6lb 0.205mmの計測結果
  • 1回目 — 0.206mm
  • 2回目 — 0.206mm
  • 3回目 — 0.207mm
  • 4回目 — 0.207mm
  • 5回目 — 0.207mm

素晴らしい!!(^_^)

パッケージ記載の太さと実物のラインの太さが、ほぼ一致しました!!

……0.001~0.002mmの差なんて気にしないでください(^_^;)

0.001mmは1ミクロンです。

ラインの太さを表す「号数規格」をオーバーしているわけではありません。

このようなわずかな差は、測定の誤差・ムラの可能性も十分あります。

実物のラインの太さとパッケージ記載の太さがほぼ一致している!!ということが重要です。

 

続いて、「8lb」「10lb」の計測結果です。

フロロリミテッド 8lbのラインの太さを測定

フロロリミテッド 8lb 0.235mmの計測結果
  • 1回目 — 0.243mm
  • 2回目 — 0.242mm
  • 3回目 — 0.242mm
  • 4回目 — 0.243mm
  • 5回目 — 0.241mm

 

フロロリミテッド 10lbのラインの太さを測定

フロロリミテッド 10lb 0.260mmの計測結果
  • 1回目 — 0.266mm
  • 2回目 — 0.266mm
  • 3回目 — 0.265mm
  • 4回目 — 0.266mm
  • 5回目 — 0.266mm

「5lb」「6lb」といった細いラインより、少しパッケージの数値との差ができました(^_^;)

太いラインの方が、少しムラができるのかもしれません。

とはいえ、ほんのわずかな差だけです。

1lb規格上のライン径になっているわけではありません

シーガーのフロロリミテッドは、パッケージ記載のライン径と実物のラインの太さは、ほぼ一致していると言えるでしょう。

「GT-Rウルトラ」の太さを計測

次に計測するのは、耐摩耗性能最強のナイロンライン「GT-R ウルトラ」です。

これの手持ちは「5lb」と「8lb」なので、それを使います。

GT-R Ultra 5lbのラインの太さ

GT-R ウルトラ 5lb 0.185mmの計測結果
  • 1回目 — 0.186mm
  • 2回目 — 0.188mm
  • 3回目 — 0.187mm
  • 4回目 — 0.187mm
  • 5回目 — 0.187mm

 

GT-R Ultra 8lbのラインの太さ

GT-R ウルトラ 8lb 0.235mmの計測結果
  • 1回目 — 0.242mm
  • 2回目 — 0.242mm
  • 3回目 — 0.242mm
  • 4回目 — 0.242mm
  • 5回目 — 0.243mm

ほぼ「フロロリミテッド」と同じような結果になりました。

「5lb」のほうは、ほぼパッケージの記載のライン径と同じ。

「8lb」のほうは、ライン径がわずかに太いような結果に。

やはり、太いラインの方が誤差が出やすいのかもしれません。

とはいえ、「GT-R ウルトラ」もパッケージ記載のライン径と実物のラインの太さは、ほぼ一致していると言えるでしょう。

「FCスナイパー」の太さを計測

最後に測定するのは、サンラインの「FCスナイパー」です。

サイズは4.5lb(0.190mm)になります。

FC Sniper 4.5lbのラインの太さを測定

FCスナイパー 4.5lb 0.190mm
  • 1回目 — 0.188mm
  • 2回目 — 0.188mm
  • 3回目 — 0.187mm
  • 4回目 — 0.187mm
  • 5回目 — 0.188mm

「FCスナイパー」は全ての計測で、パッケージ記載のライン径より細い数値がでました

「FCスナイパー」は「フロロリミテッド」や「GT-R ウルトラ」と違って、標準規格とは違った太さでラインナップされているため、そのせいかもしれません。

実物のライン径がパッケージ数値より細い結果が出たので、「FCスナイパー」もパッケージ記載のライン径と実物のラインの太さは一致していると言えるでしょう。

測定結果の正確性について

蛇足になりますが、測定していて感じた事を残しておきます。

測定後、糸巻きスプールからラインを数メートルほど出し、最初の測定位置より離れた位置を再び測定。

すると、それまでの平均値より細い数値や太い数値が出やすい場所があったりしました(ノ´Д`)

それは、

  • 測定のやり方やマイクロメーターの性能による誤差
  • 品質による、ラインの太さのムラ
  • 夏の高温によるわずかな膨張
  • 製造時にラインをスプールに巻いた時の圧力による、わずかなライン潰れ
  • 私の測定が下手くそ(汗)

等の原因が考えられるかと思いますが、よくわかりません(^_^;)

 

工場で計測するような正確性には、とうてい及ばないので……。

私の計測に誤差がある可能性をご理解ください。

今回の計測で「0.001mm」の単位まで計測結果が出ていますが、完璧に正確な結果とは思わないよう、よろしくお願いします。

ゆる~い気持ちで、今回調べたラインはほぼ規格通りだったんだなあ、という感じで見てください(^_^;)

まとめ

今回は日本で販売されているラインの中でも、高品質である「フロロリミテッド」「GT-R ウルトラ」「FCスナイパー」の太さについて調べました。

そして、その3つのラインは正確に作られていいて、パッケージ記載のライン径とほぼ一致していることがわかりました

8lb~10lbのラインでは、わずかな差がありましたが、誤差といえるような範囲だと思います(^_^;)

一応、数ミクロンの差は私の測定が下手なだけかもしれないので……

 

少なくとも、ヨーロッパのラインのように、実物とパッケージのライン径の号数が違う!!というような大きな差はありませんでした。

ヨーロッパのラインの中には、(太さを号数で言えば)1.2号のラインが1.5号や2号の太さだったことがありました。

日本で販売されている高品質のラインは正確に作られています!!

……今回は値段の高いラインでしたが、次は低コストのラインも調べてみたいかも。

安いラインの方がムラがあるかもしれないので……。

スポンサーリンク