シマノの12カルカッタ 201 をオーバーホール 【組立編】

この記事では、12カルカッタのオーバーホールの組立工程を解説します。

前回の記事では全パーツの分解の工程を解説しました。12カルカッタは座金やプレートの枚数が多く、順番を間違わずに組み立てることが注意点になりそうです

また、Eリングが付け外ししにくい場所にあり、個人的には12カルカッタは作業しにくい個体でした…。

それでは、全分解した12カルカッタの組立工程を解説していきます。

周辺パーツの組立て

リール中心部の組立ての前に、まずはハンドルやサイドボディ部分の組立てを行います。手がグリスでベトベトになる前に組立てておきたいので、私は最初に行っています。

スプールの組立て

まずはスプールに洗浄したベアリングを付けます。

スプールシャフトにベアリングを付ける

12カルカッタはスプールにベアリングが装備されているタイプなので、ベアリングリムーバーが必要になっています。

リムーバーを使う時は、スプールのフチを傷つけないように、セロテープで保護をしています。

ハンドルの組立て

次はハンドルの組立てです。

12カルカッタのハンドルノブには、全てプラスチックブッシュが使われています。そこで、ブッシュを全て4×7×2.5mmのベアリングに交換しました。

ハンドルノブをハンドルに付ける

サイドボディの組立て

ハンドル側のサイドボディに、ベアリングとメカニカルブレーキノブを取り付けます。

サイドボディにベアリングを2つ付ける

また、メインフレーム内のスプールシャフトを支持するベアリングも取り付けて、周辺部の組立てはOK。

メインフレームにベアリングを付ける

次から、いよいよメインの組立てです。

レベルワインドの組立て

まずはレベルワインドの組立てですが、構造が他のベイトリールと違います。12カルカッタの方が面倒ですね(^^;)

ウォームシャフトギアのパーツ

白いウォームシャフト受けの向きも間違えないように…。12カルカッタは向きに注意する必要があるパーツが多い(^^;)

ウォームシャフトギアをフレームにはめ込んだら、Eリングで固定します。

ウォームシャフトギアとレベルワインドを取り付け、Eリングで固定する

このEリングを付けるのに苦労しました。パーツがグラグラ揺れるので、力が入れにくい…。Eリングのサイズも大きいので、力を入れいなとはまらない。

固定できたらガイドの棒を入れ、押さえ板で固定。

抜け止め板を付けてウォームシャフトギアを固定する

そしてレベルワインドのキャップをしめて、レベルワインダーの取り付けは完了です。キャップをはめる時に小さい座金の入れ忘れに注意です。

12カルカッタのレベルワインド受けは下向き

クラッチレバーの取り付け

次はクラッチレバーの取り付けです。ここでもEリングが…(-_-;)

クラッチレバーのパーツ

レバーやガイド棒、座金を取り付け、Eリングで固定。

クラッチレバーをEリングで固定する

ついでに、SVS側のサイドプレートも取り付け、Eリングで固定します。小さいEリングなので、付けにくいです。

サイドプレートの本体BをEリングで固定する

ドライブギア軸のの組立て

作業もそろそろ中盤、ドライブギア軸の取り付けです。

ギアや座金をはめ、本体固定板に取り付けます。

本体固定板とドライブギア軸のパーツ

そして再び、Eリングで固定。大きいEリングなので固いです。リングを飛ばさないように注意。

ドライブギア軸をEリングで固定する

無事に本体固定板に取り付けたら、メインフレームにはめ込みます。

12カルカッタはスプールの脱着をする時、「ハンドル~サイドボディ・ギア~本体固定板」をまるごと抜く構造になっています。

オーバーホール前はこの黒い「本体固定板」がフレームに固着していたので、なかなか外すことができませんでした。

なのでフレームと固定板にグリスを塗り、固着しないようにしておきます

本体固定板をメインフレームにはめ込む

クラッチカムの取り付け

次はクラッチカムの取付作業です。クラッチプレートを固定板とガイド棒にはめ込みます。

クラッチプレートをクラッチレバーガイドにはめる

その上にクラッチカムとバネ、クラッチツメをはめ込み、押さえ板をネジで固定。

クラッチカムを取り付ける

クラッチバネを飛ばさないように注意です。


ドライブギア、ピニオンギアの取り付け

いよいよメインギアの取り付けです。

ギア、ドラグ座金を順番にはめ込むだけですが、12カルカッタは座金の枚数が多いです。はめる順番や向きを間違えないように注意

ドライブギアを取り付ける

あとはピニオンギアとクラッチヨークを慎重にはめ、ギアの取り付けは完了!!

ピニオンギアを取り付ける

サイドボディとハンドルの取り付け

組立工程も終盤、サイドボディの取り付けです。

一つ注意点。サイドボディを付けるとき、クラッチレバーを押し上げながらサイドボディを付けてください!! そうしないと、クラッチレバーを動かすことができません

そのことを知らず、私は一度組立てミスをしてしまいました(-_-;)

サイドボディを取り付ける

そしてローラークラッチインナーチューブを入れ、リテーナで固定。

インナーチューブとリテーナハンドルを付ける

ハンドルをはめ、ネジで固定します。

ハンドルを付けてネジで固定する

最後に座金やナット入れていきます。ここでも座金やプレートの枚数が多いので、順番ミスに注意

座金とナットを取り付ける

最後にスタードラグと固定ボルトを付けて、12カルカッタのオーバーホール作業は完了です!!

スタードラグを取り付ける

12カルカッタのオーバーホール・まとめ

なんとか無事に12カルカッタのオーバーホールを終えることができましたが、構造が他のリールと違うため、困惑する場面がありました。

以下のものが、私が感じた注意点です。

12カルカッタの注意点
  • 座金、プレート、シムの枚数が多く、写真やメモをとらないと順番がわからなくなる。
  • 大きいEリングで固定されている部分が多く、また場所的にも付け外ししにくい所がある。

とにかく、外した座金やプレートの順番は写真を撮ったりメモしておくことを強くオススメします。そうしないと、順番がわからなくなる可能性が非常に高いです!!

正直なところ、全分解をするならば、メタニウムなどのリールよりも面倒な構造でした(^-^;

しかし、剛性は非常に高そうです!! SVSブレーキ側のベアリングもメインフレーム内になるなど、巻き剛性はかなりの物ではないでしょうか?

少し古いモデルになってきているので、安く入手することも可能。穴場のリールかもしれません。

まだまだ12カルカッタは活躍できるリールだと思います(^_^)