初期型のアンタレス5をオーバーホール

この記事では、シマノの「アンタレス 5」のオーバーホールの様子・やり方について、詳しく解説していきます。

友人からアンタレス5(スプールは深溝に変更)のオーバーホール依頼を受けて作業することになったのですが、初代型のアンタレスを分解するのは、今回が初めてです(^-^;

ネット上では、「初代アンタレスの分解は難しい」というような意見が多いので、少し不安もありますが…しかしオーバーホール好きの人間として、一度はやっておきたいリールでもあります。

パーツを無くさないように、慎重に作業を開始します!! 失くしたら、もうメーカーからのパーツ供給も無いので…。


サイドプレートを外す

最初の作業で、SVSブレーキ側のサイドプレートを外します。このサイドプレートを最初に外す工程が、初代型アンタレスの特徴ですね。

まずは、スプールを抜き取ります。

サイドハッチを開けてスプールを抜く

そして、最初にして一番の難関!? サイドプレートを保持している「Eリング」を外します

サイドボディを固定しているEリング

サイドプレートのシャフト軸に、「Eリング」「座金」「ゴム輪」「円柱の部品」があります。Eリングを外すことで、これらのパーツとシャフト軸を抜くことができます。

私はEリングとシャフト軸の隙間にマイナスドライバーの角を入れ、回転させてテコの原理で押し出すように外しました。

分解したサイドボディの固定パーツ

この作業ができないと、初代型アンタレスのオーバーホールはできません…(-_-;)

ハンドルを取り外す

次はハンドルを取り外します。このハンドル部分も少し特徴があります。

まず、ハンドルの裏にあるネジを2本外します。

ハンドルを固定するネジ

ネジを外せば、ハンドルはカンタンに取れます。そしてナットプレートが見えます。

ハンドルのナットとプレート

レンチでナットを外し、プレートやスタードラグを外していきます。

ドラグの次にはバネ、ナット、座金、<>型の座金2枚、薄い座金、ベアリングがあります。

ハンドル部のバネ

パーツを順番に外し、並べておきましょう。このあたりの構造は、最近のリールと同じです。

ハンドル部のパーツ

ハンドル部のパーツは、上の写真の通りになります。ベアリングが少し錆びている…。

サムレストやサイドボディを取り外す

次に、リール上部のサムレストレベルワインドガード、そしてハンドル側のサイドボディを分解します。

これらは合計7本のネジを外すことで分解できます。

アンタレス5のボディのネジの位置

上の写真で見えるネジが4本。そして、

レベルワインドの近くのネジ穴

ボディの穴から細いドライバーを差し、ネジ1本を外します。

各ネジの長さは、下の写真の通りです

アンタレス5のボディのネジ

長いネジと短いネジがあるので、位置が分かるようにしておきましょう。私は位置が分かるように並べてテープで固定しています。

そして、レベルワインドの近くにネジが2本。

レベルワインドの上のネジ

最後の2本もドライバーで外します。

合計7本のネジを外すと、「サムレスト」「レベルワインドガード」「サイドボディ」の3つが簡単に外れます。

サムバーとレベルワインドのガード

ついでなので、サムレストとレベルワインドガードに付いている金色のプレートも外しました。

サムバーの金プレート

私的には、初代型アンタレスの特徴的な構造はここまでです。後半の部分は、基本的な構造は最近のリールと大体同じです。まあちょっと違う箇所もありますが…(^-^;

ドライブギア・ピニオンギアを取り外す

さて、いよいよ心臓部のギアとご対面です。ドライブギアピニオンギアを取り外します。これは抜き取るだけの簡単な作業です。

アンタレス5のボディ内部

グリスが泥のように黒くなっています…(-_-;)

アンタレス5のドライブギアとピニオンギア

クラッチツメと噛み合うストッパーギアは、ドライブギア軸と一体になっています。

ドライブギア軸

ドライブギア軸を取り外す

次はドライブギア軸の取り外しです。ネジ2本で固定されているので、それを外します。

ネジを外せば簡単に抜けるのですが…なかなか抜けない(^^;)

ドライブギア軸のベアリングが錆びている

頑張って抜き取ると、ご覧のようにベアリングが錆びて、少し固着していたようです(ノ´Д`)

Eリングを外して分解します。

分解したドライブギア軸のパーツ

これで、ドライブギア軸の分解作業は完了。

クラッチカムを取り外す

次の作業はクラッチカムの取り外しです。最近のベイトリールとは少し構造が違いますが、まだシンプルです。

クラッチカム

銀色の押さえ板とネジを2本外します。その時、クラッチバネの圧力でパーツが吹っ飛ばないように注意します。

分解したクラッチカムのパーツ

クラッチプレートの構造が、最近のリールとは違いますね。また、この部分のベアリングも錆びてゴリゴリでした(T_T)



クラッチレバーを取り外す

次はクラッチレバーを取り外します。これはEリングで固定されているので、まずEリングを外します。

クラッチレバーのEリング

Eリング、座金、プレートを外しました。あとは、パイプを抜くとレバーが外れます。

クラッチレバーのパイプ

これでクラッチレバーの分解が完了しました。いろんなパーツがEリングで固定されているので面倒ですね(-_-;)。

分解したクラッチレバー

レベルワインド・ウォームシャフトギアを取り外す

分解作業もいよいよ大詰め。レベルワインドウォームシャフトギアの取り外しです。

まずは、ウォームシャフトピンのフタをマイナスドライバーで外します。

レベルワインドのキャップ

ウォームシャフトピン座金を抜き取り、次はウォームシャフトギアを固定しているEリングを外します。初代型アンタレスも、ウォームシャフトギアから水が浸入しないためのフタがあります(^^)

ウォームシャフトギアのEリング

このEリングを外せば、レベルワインドやウォームシャフトギアのパーツをバラバラと外せます。この部分のパーツは下の写真のとおりです。

分解したウォームシャフトギア

この時のアンタレスでは、ウォームシャフトギアを支えるパーツはベアリングだったんですね。12アンタレスやメタニウムMGLでも、今はプラスチックブッシュですし…。

写真のようにベアリングは錆びるから、プラスチックブッシュに変わったのかも…

メインフレームにはガイド棒が1本残っていますが、外して清掃する必要は無いと思います。私は外しましたが…(^-^;。

ガイド棒

これで、メインフレーム部分のパーツの分解は完了です!!

ハンドルノブの分解

ハンドルノブも分解して、ベアリングを清掃する必要があります。

そしてノブキャップを外すと…不思議なナット型のネジ?があります。

ノブのネジ

縦溝があるので、マイナスドライバーで外すことができました。

分解したハンドルノブ

サイドボディのベアリングを取り外す

最近のベイトリールのメカニカルブレーキノブのベアリングは、分解せずに簡単に外せます。

しかし初代型アンタレスは、ボディの内側からしかベアリングを外せません

内側から外せないベアリング

面倒で交換されてなかったのか、この部分のベアリングはゴリゴリでした(^-^;

また、SVSブレーキ側のベアリング。これは簡単に外せるものですが、このアンタレスのベアリングは錆びて固着していました!!(-_-;) 外すのに20分ぐらいかかりました…。

これが中古リールの怖い所ですね。

サイドボディのベアリング

とりあえず、これでアンタレス5の分解は完了しました!!

そしてパーツ洗浄へ…

全ての分解ができたので、次はパーツ洗浄です。

全て分解したアンタレス5のパーツ

このパーツ洗浄には1時間以上かかりました(ノ´Д`)

錆びや泥汚れなどがしつこくこびり付いていたので、一度の脱脂洗浄やブラシと洗剤での洗浄では、汚れを落としきれませんでした。

古い機種なので、中古ショップに長年陳列されていたのか分かりませんが、なかなか大変な洗浄でした。

洗浄してキレイになったメインフレーム

オーバーホールせずに使用していたら、すぐに傷んでいたと思います。古いリールを中古で購入された人は、最初にオーバーホールをするのをオススメします(^_^)!!

アンタレス5のオーバーホール・分解工程のまとめ

とにかくネット上では「難しい」と噂されていた初期型アンタレスの分解。

私が実際に作業して感じたところでは、たしかに最初のサイドプレートのEリングを外すところなどは面倒でした。しかしドライブギアの取り外しぐらいからは、リールの基本構造は最近のリールとそこまで変わらないかなと思いました

私的には、以前作業した12カルカッタの方が、リールの構造が違うので難しかったです(^-^;

たしかにメンテが面倒なリールですが、しかし完全アルミボディの剛性は、まだまだ使える頼もしさを感じました!!次の記事にて、アンタレス5の組立工程について解説します。