アルデバランMGLのオーバーホールを行う

この記事では、シマノの「18アルデバランMGL 30HG」のオーバーホールの様子を詳しく解説していきます。

アルデバランMGLをオーバーホールする時に注意するポイントは、ネジの多さ!! メタニウムなどの中型リールよりもネジの数が多く、しかも大きさや長さが似ています。

ネジの順番キチンと並べていなかったら、私はどのネジがどこのものなのか分からなくなります(^-^;

そういう点では、アルデバランMGLのオーバーホールはちょっと難しめだと思います。

そんな複雑なアルデバランMGLの分解の工程を、多くの写真と一緒に解説していきます!!

ハンドル・スタードラグの取り外し

最初の作業はハンドルの取り外しです。まずハンドルナットを固定しているリテーナのネジを外します。

ハンドルナットのリテーナを固定しているネジ

ネジとリテーナを外した後、ナットをレンチで外します。この個体は右ハンドルなので、反時計回りに回すと緩みます

そして、スタードラグ座金などを外していきましょう。ハンドル部分のパーツは下の写真のとおりです。

アルデバランMGLのハンドルや座金パーツ

16アルデバランBFSとアルデバランMGLは、他のリールと違って反っている座金の枚数が一枚少ないです(写真で一番右下)。他のリールでは、反っている座金2枚を<>の形になるように合わせるのですが、アルデバランは1枚だけです。

ついでに、スタードラグも分解しておきます。

スタードラグを分解

これで、ハンドル部分のパーツの分解は完了しました。

ボディの開封

次はボディを固定しているネジを外し、ボディを開封します。固定ネジは全部で5本!!

まずは1本目。

アルデバランMGLのボディのネジ 1本目

レベルワインドガードの下に2本目と3本目。

アルデバランMGLのボディのネジ 2本目と3本目

クラッチレバーの下に4本目と5本目があります。

アルデバランMGLのボディのネジ 4本目と5本目

それぞれ太さや長さが違うので、組立て時に、「このネジはどこのだったかなあヽ(;´Д`)ノ」と悩まないように注意する必要があります。

私は下の写真のように、位置がわかるようにテープで固定します。

ネジ5本がバラバラにならないようにテープで固定している

特に頭が平たいネジはたくさんでてくるので、このように分かりやすく整理しておくことをオススメします。

また、ネジ穴を潰さないように注意して外してください。けっこう簡単に潰れます。平たい頭のネジ穴をつぶしてしまうと、もう普通の方法では外せなくなってしまいます

ネジを5本外すとサイドボディを外すことができます。

サイドボディを開けて見えるギアの様子

ドライブギアの取り外し

ボディを開封したら、次はドライブギアピニオンギアを取り外します。ドラグなどの順番は写真の通りです。

アルデバランMGLのドライブギアとピニオンギア

ギア類を外した後のボディ内部の様子。

ドライブギアとピニオンギアを外した後の内部

ドライブギア軸の取り外し

ドライブギア軸の取り外しです。固定しているネジ2本を外します。

外してみると、ベアリングにはグリスがべったり(^_^;)

ドライブギア軸のベアリングがグリスまみれ

アルデバランMGLのドライブギア軸のベアリング等は、Eリングではなくてネジで固定されています

ドライブギア軸のネジ

このドライブギア軸のネジを外すときは、ネジ穴を潰さないように注意してください!! ネジにゆるみ止めが塗られているので、けっこう硬いです。

また、ネジを回す向きにも注意!! 右ハンドルモデルの場合は、通常通り反時計回りに回せば緩みます。しかし左ハンドルモデルの場合は、時計回りに回して緩む逆ネジになっているので、注意が必要です。

全てのパーツを分解すると、下の写真のようになります。

ドライブギア軸のパーツを分解して並べた

小さいピンやバネもあるので、うっかり失くさないように気をつけてください。

クラッチの取り外し

次はクラッチ系のパーツの取り外しですが、最近のアルデバランのクラッチは少し仕組みが特殊です。

クラッチカム押さえ板を固定しているネジは、裏面であるスプール側にあります

クラッチプレートを固定しているネジ

この真ん中のネジ2本を外すと、押さえ板を外せます。クラッチツメのバネの圧力があるので、パーツが吹っ飛ばないように押さえながら外してください

押さえ板のネジを外してクラッチを分解

次はクラッチツメの分解です。アルデバランのクラッチツメは複数のパーツでできています。ネジや座金があるので、失くさないように注意

アルデバランMGLのクラッチカムとクラッチツメ

あとはプレートやクラッチレバーを取り外すと、クラッチ系のパーツの分解は完了です。

クラッチ組の全てのパーツ

全て取り外すと、土台になっている本体Aシートを外せます。これのネジも裏面のスプール側です。

本体Aシートを固定しているネジ

このころには、ネジの頭が平たいネジが多くなっています。サイズは似ていますが、どのネジがどの場所のものか分かるようになっていますか?しっかり順番に並べながらの分解を強く推奨します。

本体Aシートとネジ

ウォームシャフトギアの取り外し

まずレベルワインドガードを取り外します。これはネジ1本で固定されているだけです。

レベルワインドガード

カバーを外すと、ウォームシャフトギアが見えます。まずは蓋であるレベルワインド受けを外します。

レベルワインド受け

そしてウォームシャフトピンを抜き取ります。

このリールには、座金が2枚入っていました。調整座金の枚数は、個体によって違います。

ウォームシャフトピンと座金

次はウォームシャフトギアを抜くため、Eリングを外します。私はマイナスドライバーでEリング外しています。

ウォームシャフトギアを固定しているEリング

このEリングの下には座金が2種類入っています。うっかり失くさないように注意です。

2枚ある事に気づかず、組立て時に「この座金は何だ?」となることは、オーバーホールのあるあるです(^_^;)

ウォームシャフトのEリングを座金

Eリングを外したので、ウォームシャフトギアを抜き取ります。しかし分解図に乗っている2枚の座金がない…?

取り外したウォームシャフトギア

レベルワインドパイプの中に抜け落ちていました。よくパイプの中に座金が残っている場合があるので、ここも注意!!

ウォームシャフトギアの座金

あとはレベルワインドやガイド棒を抜き取り、レベルワインド、ウォームシャフトギアの分解は完了です。

分解したウォームシャフトギアのパーツ

残ったベアリングやパーツの取り外し

主だったパーツの分解は完了しました。あとは各部に残っているパーツやベアリングなどを取り外していきます。

まずはブレーキ側の本体カムレバーの取り外し。

本体カムレバー

正直なところ、このパーツは取り外す必要はありませんが、せっかくなので今回は分解しました(^_^;)

本体カムレバーを分解

次はメカニカルブレーキノブの分解です。これもいちいち細かく分解する必要は無いと思いますが、私は古いオイルやグリスが残るのがイヤなので…。

メカニカルブレーキノブを分解

ベアリングや座金を外し、分解完了。

次はSVSブレーキ側のベアリングを外します。

ベアリングにあるサイレントチューンのゴム輪

このベアリングには、サイレントチューンのゴム輪がベアリングに付いています。だから結構抜き取りにくいので、ピックアップツールは必須になります。

そしてスプールシャフトのベアリングも、リムーバーを使って外します。こちらもサイレントチューン仕様のベアリングですね。

スプールシャフトのベアリング

そして最後にハンドルノブのベアリングを取り外します。

ハンドルのノブやベアリングを外す

これで、アルデバランMGLの全ての分解は完了しました!!

アルデバランMGLのオーバーホール・分解まとめ

アルデバランMGLを完全分解していきましたが、その構造は16アルデバランBFSと同じものでした。スプールやブレーキが違うだけかな、と私は感じました。

全て分解したアルデバランMGL

アルデバランMGLの分解のポイントを私なりにまとめてみます。

アルデバランMGLの分解ポイント
  1. たくさんあるネジの種類・位置を間違えないように並べて分解していく。
  2. ネジ頭のネジ穴を、なめて潰さないように注意する

一言でいえば、ネジに注意しよう、ということです。

最近のアルデバランは、パーツが多いというよりもネジが多い!! そして、そのネジはサイズが似ている!!

上の写真では分解パーツを並べていますが、もしミスしてあれをひっくり返してしますと、どのネジがどの場所にあったものか、私はさっぱり分からなくなるでしょう(^_^;)

面倒ですが、どこかに順番に並べるか番号を書き、テープで貼って動かないようにするのが無難だと思います

そして、ネジ頭のネジ穴について。平たいネジをはじめ、細いネジが多いので、ネジ穴もつぶれやすいです。平たいネジのネジ穴を潰すと、外せるんだろうか…?

ドライブギア軸のネジも注意ポイント以前に16アルデバランBFSを分解した時は、私はネジ穴を潰してしまいました。その時はネジザウルスを使う事で、なんとか外すことができました。

ネジに間違いがなければ、ちょっと構造は特殊ですが、オーバーホールに問題は無いと思います。

清掃・乾燥したら、次は組立て。次の記事では、アルデバランMGLの組立工程の様子を解説していきます。

ハンドルなど周辺パーツの組立て

メインの本体を組立てる前に、まずはサイドボディハンドルスプールを組立てておきます。

まずはスプールシャフトにベアリングをはめこみ、リムーバーでピンを固定します。

アルデバランMGLのスプール

サイレントチューンのゴム輪は、端に近い方がスプール内部側でした。

次はサイドボディにベアリングを取り付けます。

サイドボディにパーツとベアリングを取り付ける

サイレントチューン仕様のベアリングは、少しはめ込みにくくなっています。

最後にハンドルノブを組立てます。

組立てたハンドル

ハンドルノブのベアリングには、私は粘度の高いオイルを使用しています。

今回使ったのは、ボアードの「ライトデューティー」です。ボディ内部のベアリングにも、ライトデューティーを使用しました。

中型のメタニウム以上なら、もう少し粘度の高い「247」と混ぜたりします。

レベルワインドの組立て

さて、いよいよメインの組立てです。ますはレベルワインド組からです。

最初にウォームシャフトギアを組立てます。

ウォームシャフトギアのパーツ

白いプラスチックブッシュをベアリングに交換しました。まあ、あまり効果はないでしょうが、気分の問題です(^^;)

ギアをEリングで固定します。私はマイナスドライバーで押し込んではめています。

ウォームシャフトギアの組立て

2枚の座金も忘れずに。

ウォームシャフトギアの準備が出来たので、レベルワインドを組み上げます。

ウォームシャフトギアとレベルワインドのパーツ

座金も多いですね。私のリールでは、ウォームシャフトギアに2枚、ウォームシャフトピンに2枚、Eリングの手前に2枚の座金がありました

レベルワインドパイプガイド棒をはめ込みます。

レベルワインダーとパイプの取り付け

そしてパイプに組み上げたウォームシャフトギアを入れ、Eリングで固定します。

ウォームシャフトギアをEリングで固定する

固定で来たら、ウォームシャフトピンと座金を入れます。

ウォームシャフトピンと座金を入れる

そしてレベルワインド受けでフタをします。

組み上げ後は手でレベルワインドを動かして、動きの途中で引っかかりがないかを確認します。(以前に炎月をオーバーホールした時、レベルワインドが両端に移動した所で引っかかりがあり、調整に苦労しました(^^;)

問題なかったら、レベルワインドガードを付けて完了です。

レベルワインドガードの取り付けが完了

クラッチ組の組立て

次はクラッチ組の組立てです。

最初に本体Aシートを取り付けます。ネジ穴は裏側のスプールにあります。

本体Aシートを固定する

クラッチが稼働する部分なので、表面にグリスをしっかり塗っておきましょう。

そしてクラッチプレートレバーを取り付けます。

クラッチレバーとクラッチプレートの組立て

次から、最近のアルデバラン特有のクラッチ構造です。

アルデバランMGLのクラッチパーツ

まず、クラッチカムクラッチツメを取り付けます。

クラッチの組立てと座金

こんな場所にも小さい座金があるので、忘れないように注意です(^^;)

そして金具とネジで固定します。

クラッチカムとクラッチツメの組立てが完了

この組立て式のクラッチツメの方が軽量なのでしょうか? どうしてこんな仕組みにしたのか不思議です。

クラッチカムとバネをはめ込み、押さえ板をネジで固定します。

クラッチカムを押さえながらネジで固定する

バネの圧力でパーツが吹っ飛ばないように気をつけてください。ネジ穴が裏側にあるので、この作業がやりにくい…(-_-;)。

クラッチ押さえ板のネジ

無事にネジで固定で来たら、クラッチ組の組立ては完了です。パーツの可動域にはしっかりグリスを塗っておいてください。

クラッチパーツの組立てが完了した

ドライブギア軸の組立て

次はドライブギア軸の組立てです。

ドライブギア軸のパーツ

軽量リールであるアルデバランのドライブギア軸は軽いですね(^^)。バスライズのドライブギア軸との重さの違いは、ちょっと持っただけで簡単にわかります。

まずは、軸にピン2つバネを入れギアをはめ込みます。

ドライブギア軸にギアをつける

この白いギアは表面にヘコミがある面と無い面があるので、分解前と同じ向きになるようにしています。一応、ギアの噛み合わせに影響があるかもしれないので…。

ドライブギア軸のネジ

あとは固定板とベアリングを入れ、ネジで固定します。

そして2本のネジでボディに固定して、ドライブギア軸の組立て、取り付けは完了です。

ドライブギア軸の取り付けが完了

ドライブギア・ピニオンギアの取り付け

さて、いよいよメインギアの取り付けです。

ストッパーギアとドラグ座金を取り付けます。ストッパーギアは、角が曲面になっている方が上(ハンドル側)でした。

ストッパーギアの取り付け

あとはドライブギアピニオンギアをを取り付ければ、作業は完了です。

ドライブギアとピニオンギアの取り付けか完了

ボディを閉じ、ハンドルの取り付け

いよいよ作業も大詰め、サイドボディをネジで固定します。

まずはハンドル側に1本目。

ボディの固定ネジ 1本目

裏側のレベルワインド下に2本目と3本目。

ボディの固定ネジ 2本目と3本目

クラッチレバーの下とボディ下部に4本目と5本目。

ボディの固定ネジ 4本目と5本目

ボディのネジ止めができたら、スタードラグ座金やナットを順番に取り付けていきます。

スタードラグバネの取り付け

そしてハンドルを取り付けたら、アルデバランMGLのオーバーホールは完了です。

アルデバランMGLのオーバーホールが完了した

アルデバランMGLのオーバーホール・まとめ

オーバーホールを終えたアルデバランMGLのハンドルを回すと、巻き心地がとても軽くなっていました(^^)。ドライブギア軸にべったりあったグリスを除去し、中粘度のオイルにしたことで軽くなったと思われます。

じつは作業時にギア比7.4のハイギアから、BFS・XGモデルのギア比8.0に交換したのですが、それでも作業前より巻き心地が軽快です。そのうちBFSのエキサイティングドラグも取り付けようかなと考えています。

去年も今年も話題にあがることが少ないアルデバランMGLですが、幅広い軽量ルアーを楽にキャスティングできるので、私は非常に気に入っています!! 2019年は、このアルデバランMGLで良い釣りをしていきたいですね(^_^)。