シマノの14スコーピオンとスコーピオンXT

しばらく空梅雨が続いていましたが、半日ほど大雨が降りました。

その翌日の早朝に、さっそく琵琶湖・南湖へ出撃しました。
水質は回復しているのでしょうか?

大雨後の琵琶湖釣行の様子をご紹介します。

  • 天候: 晴れ、無風
  • 気温: 20度前後
  • 水質: マッディ
  • 時間: 6時~7時半

トップウォーターでサーチ

大雨後ですが、水は変わらず濁っています。黄緑色の水です。
ただ、水面にできた泡は結構すぐ消えたので、水質は多少回復しているのかもしれません。

まずはザラスプークで広い範囲を探ります。

ザラスプーク

緩急をつけたりして誘いますが、残念ながらバイトはありません。

強い波動のシングルコロラド・スピナーベイト

ブーヤー シングルコロラド スピナーベイト

トップに出ないので、次はブーヤーのシングルコロラドのスピナーベイト1/4ozを投げます。
魚の気配はあるので、濁った水のなかで強い波動のルアーで探ります。

投げ続けると、コンッとしたアタリが!

スピナーベイトで釣ったバス

釣れたのは、20cmぐらいの小さいバスでした…。

琵琶湖、南湖の護岸際

スピナーベイトを足下の壁際を泳がせていると喰ってきました。

釣行のまとめ

結局、今日の釣行は小バス一匹という結果でした。
濁った水の中、スピナーベイトで釣れたという結果は狙い通りだったのですが、その後が続きません。

岸際・近距離には小さい魚しかいないのでしょうか?
サイズが全く伸びない。

最近は30cm以上のレギュラーサイズが全く釣れていません。
もっと工夫しないと…。

  • ロッド: シマノ・スコーピオンXT 15101F-2
  • リール: シマノ・14スコーピオン200
  • ライン: Sufix・Siege 0.35mm