ラパラ F13 オリジナルフローター

ラパラが誇る伝説のミノー・オリジナルフローターF13
しかし、しかしシャッドラップでの釣果は時々聞くが、F13の釣果はほとんど聞かない!?

不遇のオリジナルF13で釣りたいと思い立ち、琵琶湖へ1時間半の釣行へ行ってきました。

使用したタックル

ワールドシャウラ 2651F-4と14ステラ2500S

  • ロッド:ワールドシャウラ・ツアーエディション・2651F-4
  • リール:ステラ 2500S
  • ライン:ナイロン8lb

ほとんど原付バイクで釣りに出かけるので、パックロッドのツアーエディションをとても重宝しています。

そしてF13オリジナルフローターを結び、さっそくキャストです!!

ラパラ F13 オリジナルフローター

フィールド状況

晴天で風がそこそこ吹いています。表層レンジのF13では少し厳しいかも?

琵琶湖の南湖

とりあえずF13を投げます。アクションは、主にストップ&ゴー。

ストップした時の浮上アクションで喰わすイメージを描きつつ、様々な巻きスピードを試します。

快晴の時は日影にバスがいた!

なかなか反応が得られないので、日影のあるトンネルポイントへ。

琵琶湖南湖の水路

奥へキャストして巻き始めに魚の重みが! しかしフッキングが甘かったのか、すぐにフックオフ・・・。

すぐに壁際へ再キャストすると、再びバイト!! 今度はしっかりフッキングできました。

ラパラのF13で釣ったバス

30cm未満のサイズでしたが、よく引いてくれました。
2連続のアタリがあったわけですが、やはり晴天時は日影が鉄板かも。

ベイトフィッシュの群れを発見

その後、岸際のブレイクを攻め続けていきますが、魚からの反応を得られません。

その時、岸際を数センチの青っぽい魚が群れで泳いでいる姿を見て、ルアーチェンジ。

ラパラのLR100

ラパラのLR100。マッチ・ザ・ベイトで狙っていきます。
続けてブレイクをとおすように投げ続けると・・・。

ラパラのLR100で釣ったバス

かわいいサイズのバスが釣れました。
日中の岸際には小さいサイズしかいないのか??

これでタイムアップとなり、この日の釣行は終了となりました。

目標だったオリジナルフローターF13でのキャッチには成功したので、まずは納得できる釣行でした。